燕王喜!太子丹、刺客荊軻、中国昭王、噲、劇辛栗腹、樊於期も解説

燕王喜は、先ず隗より始めよで楽毅大将軍を招いた、昭王の子孫なのです。

長平の戦いで趙括は、王齕と白起に大敗北しました。ですので燕王喜は、趙の被害に便乗すれば、燕の勢力が拡大すると目論んだのです。

そして、昭王の頃から燕に仕えていた劇辛将軍が、龐煖への大きい勝算を語ったので、燕王喜は信じてしまいました。

燕王からしても、少しでも勝てそうならどんどん将軍を派遣して、巻き返しを図りたかったのでしょう。

また太子丹が、荊軻に始皇帝嬴政の刺客を行わせ不成功だったので、燕王喜も制裁を加えられました。

どうせ失敗するなら、何もしなかった方が、長生き出来るのではないでしょうか。

燕王喜を詳しく解説していきます!

⇒王齕!秦国将軍、史実王騎王齮、白起長平の戦い、昭襄王廉頗も解説

⇒劇辛!強い龐煖、かませ部隊、年齢死亡、燕楽毅将軍、史実能力も解説

スポンサーリンク

白起と王齕が長平の戦いで趙括に大勝したので燕王喜はチャンスが到来したと考えたのです

燕王喜は、長平の戦いで趙が大ダメージを被ったため、強くない燕でも勝てると思いました。

そもそも燕の宰相栗腹は、当初は趙と連携を深める考えだったのですが、趙が想像以上に弱体化していたので、燕王喜に攻勢に出るべきと主張したのです。

しかし趙には、完璧の故事で知られる藺相如に比肩する廉頗がおり、栗腹の大軍勢は返り討ちで終わりました。

大打撃を受けても燕の大軍に勝っているので、趙に勝利した昭襄王の秦が、いかに強大かも分かるでしょう。

燕王喜は、宰相栗腹(りつふく)が長平の戦いでの趙の大損害を確認したため、栗腹に大軍で攻撃させましたが、藺相如(りんしょうじょ)に匹敵する廉頗(れんぱ)に逆襲されたのです。

⇒藺相如と三国志!完璧故事、実在どんな人?廉頗刎頸の交わりも解説

スポンサーリンク

燕の昭王の元で楽毅と共に活躍した劇辛は燕王喜に自信を見せていましたが龐煖を過小評価していただけでした

燕王喜は、昭王以来の将軍劇辛が、龐煖の考えを把握しているので恐れる必要が無い、と広言したので軍の指揮を任せたのです。

ですが、劇辛の予想は外れ、龐煖に軍勢を捕虜とさせられた上、最後まで訪れました。

この時廉頗は、かなり高齢で悼襄王からも疎んじられていたので、劇辛もこの状況の廉頗になら勝てた可能性はあるでしょう。

ちなみに、悼襄王は廉頗を冷遇し、趙から追い出してしまい、後に廉頗の有能さが必要に感じ再雇用を検討しましたが、郭開の策で廉頗を再登用しなかったのです。

燕王喜は、龐煖(ほうけん)を知り勝利出来ると大言壮語した、劇辛(げきしん)将軍の間違いに気付けず、趙軍に敗北しました。

⇒悼襄王!有能趙王死亡、史実死因、春平君評価、李牧最後、息子も解説

燕王喜の祖先の昭王は父親の噲が堯舜を形だけ真似て混乱を招いたので先ず隗より始めよを実行したのです

燕王喜の先祖の昭王は、郭隗の先ず隗より始めよで劇辛や楽毅大将軍を呼び込み、父親の噲が荒廃させた燕を復興させました。

そもそも燕王噲は、聖帝と称されている堯舜に憧れ、宰相の子之に燕王の地位を禅譲したのです。

ですが、子之の王位継承を認めない者も多く、燕は内乱に突入し、斉の湣王は内乱に付け込み、燕を掌握しました。

本当に有能な家臣でなければ、禅譲しても、堯や舜のようにはなれないということでしょう。

燕王喜の祖先昭王は、父の噲が子之(しし)に王位を禅譲したことで燕が大混乱し、湣王に壊滅させられたため、郭隗(かくかい)の献策で大将軍楽毅を招待し、斉に雪辱を果たしたのです。

⇒郭隗!先ず隗より始めよ意味、優れている点その後、燕昭王戦国策解説

スポンサーリンク

燕王喜の息子太子丹の刺客荊軻は始皇帝嬴政を最後寸前まで追い詰めたのです

燕王喜の子供の太子丹は、燕の将来に危機感を感じていただけでなく、嬴政に軽んじられてもいたため、刺客荊軻を差し向けました。

そして荊軻は、嬴政のやり方を非難し嫌われていた樊於期の首級と、燕の領地提供を口実に、始皇帝嬴政に肉薄したのです。

しかし、始皇帝嬴政の周りにいた医者が、荊軻に薬袋を当てたため、荊軻の暗殺は上手くいきませんでした。

もしも本当に荊軻が刺客を成功させていたら、中華が暗殺合戦に突入する可能性も、あるのではないでしょうか。

燕王喜の息子の太子丹(たいしたん)は、始皇帝嬴政を暗殺間際まで追い込んだ、刺客荊軻(けいか)を使い秦の天下統一を阻もうとしたのです。

⇒荊軻!どんな人?史記刺客、あらすじわかりやすく、笑った理由も解説

刺客荊軻に暗殺をさせた報復として燕王喜を李信と王翦と王賁が猛攻しました

燕王喜は、息子の太子丹の刺客荊軻が暗殺をしくじったため、王賁と李信と王翦から征伐されたのです。

ただ、荊軻が始皇帝嬴政を攻撃していなくとも、秦軍が燕に来襲するのは、時間の問題だったのではないでしょうか。

そして、王翦の息子の王賁将軍は、魏王假を水攻めで降伏させた、知将でもあるのです。

秦は法治主義で強国化し、将軍にも恵まれ、他の戦国七雄をどんどん制圧していきました。

後に秦には、趙高が現れ法律を乱用し、有能な将軍の蒙恬らに最後をもたらし、秦を破滅させたのです。

燕王喜は、荊軻が刺客として失敗したため、太子丹と共に王翦(おうせん)や李信や王賁から激しく攻められ、敗北しました。

⇒蒙毅!死亡最期、兄蒙恬将軍、秦国趙高、父親蒙武、祖父蒙驁も解説

スポンサーリンク

太子丹の首を渡すことで燕王喜は刺客荊軻の件での始皇帝嬴政からの成敗を免れようとしました

燕王喜は、秦軍が燕の奥深くに攻め入ったので、苦渋の決断で息子の太子丹を犠牲にしたのです。

始皇帝嬴政は、太子丹の懲罰を標榜していたため、太子丹の首を得た秦軍は一旦攻撃を停止しました。

ですが数年後、結局燕王喜は、王賁と李信将軍に敗戦し、燕は滅んでしまったのです。

そして王賁将軍は、財力に囚われた后勝に惑わされていた斉王田建にも勝ち、斉を秦の勢力下に収めました。王賁の大活躍で戦国七雄の多くが、秦に併合されたのです。

燕王喜は、子供の太子丹に責任を取らせることで、刺客荊軻の件での処罰を避けようとしましたが、数年後に李信(りしん)と王賁(おうほん)将軍が燕を攻撃し、滅亡させられました。

⇒王賁!かっこいい実在将軍、死亡最後、父親王翦、史実李信蒙恬も解説

剛成君蔡沢は燕王喜の息子の太子丹を秦の人質とすることで燕と秦の繋がりを強めました

燕王喜は、蔡沢の進言により、太子丹を秦に送り、秦との連携を強化したのです。

太子丹が、始皇帝嬴政とぶつからずに、大人しくしていれば、後に父親から首を斬られることも、無かったのではないでしょうか。

そして蔡沢は、宰相范雎を王稽と鄭安平の連座の悩みから救い、秦の昭襄王の宰相に就任した逸材だったのです。

また范雎は、昭襄王の権力が危機を迎えていたため、昭襄王の外戚の穣侯魏冄と母親の宣太后を上手く追い出し、王権の強化に尽くしました。

有能な血縁関係者がいることは、王権の保護にも侵害にも成り得るのでしょう。

燕王喜は、応侯范雎(はんしょ)を連座問題から助けた剛成君蔡沢(さいたく)の献策で、太子丹を秦の人質とし、燕と秦を親密にしたのです。

⇒昭襄王!秦国白起、故事歴史、母宣太后、嬴稷史実、范雎魏冄も解説

スポンサーリンク

まとめ:燕王喜(えんおうき)と太子丹樊於期と刺客荊軻と栗腹劇辛

燕王喜が、どのようにして亡国の君主となってしまったのかを、解説してきました。さっさと秦に降参して力を温存していれば、昭王のような名君が再来出来たかもしれません。

そして刺客荊軻が、燕王喜の子供の太子丹の命令で、始皇帝嬴政の暗殺既遂直前まで、迫ったことも説明してきました。

燕の底力と見るべきなのでしょうか、それとも、嬴政が強運の持ち主と述べるべきなのでしょうか。

また秦と燕が同盟強化のために、剛成君蔡沢の働きかけで、燕王喜の息子太子丹が人質とされたことも記載してきました。

太子丹が忍耐強く、秦で裏工作していれば、荊軻の暗殺の成功確率も上がったのではないでしょうか。

燕王喜は、栗腹と劇辛だけでなく太子丹と刺客荊軻も、上手くいかなかったため、まさに燕の滅亡期の君主と言えるでしょう。

⇒蔡沢!剛成君史実、范雎能力、最期、中国史記、中華秦、太子丹も解説

中国史と三国志のカテゴリー

スポンサーリンク

おすすめ中国史商品検索サイト

 

↓中国史大人気関連記事↓

-いにしえ武将