張松!孟徳新書、劉璋配下法正、顔、暗記能力、張表、曹操劉備も解説

三国志で、鳳雛龐統と共に風采の上がらない賢者と言えば、張松でしょう。

張松で有名なのは、孟徳新書を暗記したことです。孟徳新書は曹操の作品ですが、暗記した後どうなったのでしょうか。

そして張松は結局、乱世の奸雄曹操ではなく、劉備に味方しました。劉備に付くことで、張松の未来は明るいものになったのでしょうか。

また張松は、顔があまり綺麗でないことでも、知られているのです。三国志のイケメンと言えば周瑜や陸遜がいますが、顔は天が定めた決まりなのでしょうか。

他にも、張松の子供と兄も説明していきます。張松の兄ですから、当然張松を助けてくれたのでしょうか。

三國志の張松を詳しく解説していきます!

⇒美周郎!意味、周瑜イケメン、諸葛亮てのひら、曹仁最強、死因も解説

⇒楊修!鶏肋、能力性格、死因曹操、でいこう、こうゆう、三国志も解説

スポンサーリンク

張松は曹操の名著孟徳新書をすぐに暗記するほどの能力

三国志の張松は、曹操軍の強さの秘訣である孟徳新書を暗記して、間違えずに話してみせました。

曹操は人材収集家なので、張松の才能を高く評価するかと思ったら、逆に怒って刑罰を与えたのです。

やはり、張松が曹操を侮りながら暗唱したことが、癇に障ったのでしょう。

そして、曹操の孟徳新書は、あの孫子を参考に作られているのです。

あなたも、孫子を解釈し、何々親書を作成してみるのも良いでしょう。

ちなみに、曹操を侮辱しながら才能を示した禰衡(ねいこう)もいます。

禰衡は、虚名があったため、曹操は他の武将に送り付けて始末させたのです。

張松は、孫子を利用した曹操の孟徳新書を暗記し、能力を見せましたが、逆の結果となりました。

⇒禰衡!能力性格、孔融評価、太鼓技能、最後死因、楊修司馬懿、も解説

張松の孟徳新書暗記能力を高評価した楊修

三国志の張松が、曹操の愛書孟徳新書をすぐに諳んじたので、楊修は驚きました。

そもそも楊修は、曹操配下で大量の仕事を上手くこなす有能な人物だったのです。

その楊修も驚嘆するほどの能力を張松は、持っていました。

そして楊修は、曹操が鶏肋と述べた際、捨て難いとして、他の者たちに軍の退却を指示したのです。

一見良い見解なのですが、主君曹操の考えを見通し過ぎたことで、後に楊修は曹操から最後が送られました。

良い能力もひけらかすように見せていくと、逆に危うい結果になることもあるのでしょう。

張松の才能を称賛した楊修徳祖(ようしゅうとくそ)は、曹操を知り過ぎたため、最期が近付いたのです。

⇒李典三国志!死因、張遼、楽進、于禁、曹操、春秋左氏伝、能力も解説

スポンサーリンク

曹操を見限った張松は劉備から重用されたのです

三国志の張松は、曹操の傲慢さに嫌気が差し、劉備に益州を託そうと考えました。

曹操は天下の多くを掌握しており、益州も一気に踏み潰そうと思っていたため、益州劉璋の使者張松をぞんざいに扱ったのです。

そして張松は、劉璋軍の中でも高い地位を有していたので、益州地図を持っていました。

益州地図があれば、益州を獲得したも同然であり、張松はそれを劉備にあげたのです。

張松の思惑通り進んでいると思っていたら、劉璋に劉備への内通がバレてしまい、処罰されて最後が来ました。

劉備は仁義の軍勢なので、劉備陣営の中に、張松があまりにも露骨に裏切り過ぎている、と考えた軍師がいたのでしょうか。

張松は、益州を頼むことが出来るのは、劉備だけと考えていたのですが、劉璋には理解されず、処刑されたのです。

⇒龐統と諸葛亮ライバル!スパイ道号、落鳳坡死因、劉備行軍交換も解説

張松と共に劉備を益州に迎えようとした法正

三国志の張松は、自分だけでなく賢者として知られていた法正も抱き込んで、劉備を呼ぼうとしていました。

法正は、後に定軍山の戦いで、曹操配下の勇将夏侯淵を打ち取るほどのすごい鬼才です。

法正にも見限られていた劉璋は、やはりその程度の人物だったのでしょう。

そして、劉璋の配下には許靖という名声のある人物もいました。

ですが、許靖は初めから劉備に付くわけでもなく、劉璋が危なくなってから劉備に寝返ろうとしたのです。

劉備は許靖の不忠を批判していましたが、名声ある者を重用する姿勢を示すために、許靖に地位を与えました。

劉璋の配下には、張松と法正以外にも、後から劉備に味方しようとした許靖もいたのです。

⇒法正三国志!ほうせいすごい能力、性格、定軍山の戦い、私刑も解説

スポンサーリンク

劉璋配下の別駕の張松は能力の高い官吏

三国志の張松は、有能な人物で、別駕という高い地位に就いていました。

  • 張松は顔が悪いだけでなく鼻も不格好だったと言われています
  • 顔が良くなかった張松の子供張表は優れた外見

劉璋は益州付近を統治していたのですが、曹操の勢力拡大を警戒し、使節を派遣したのです。

曹操側も益州まで手に入るわけですから、当初は友好的に振る舞っていました。

ですが、曹操は自らに匹敵する勢力が減ってきたことで、傲慢になり、劉璋の使者張松を侮る対応をしたのです。

怒った張松は、劉璋に劉備に付くことをおすすめしました。

結局張松は、曹操が勝とうが劉備が勝とうが、どちらでも良かったのかもしれません。

張松が重要な内はセーフですが、用済みになると・・・

益州の劉璋の部下の張松は、曹操と結ぼうとしていましたが、失敗し、劉備と連携する事を決意したのです。

⇒劉備と曹操の関係!仲、雷、英雄論、戦い、関羽、呂布、孫権も解説

張松は顔が悪いだけでなく鼻も不格好だったと言われています

張松は、三国志の中でも、顔が良くない方の部類に含まれているのです。

もしかすると、張松の才能が際立つように、顔が悪い存在にされたのかもしれません。

そして、鳳雛と評価されていた龐統も、張松クラスの残念な顔と伝わっています。

龐統は司馬徽から鳳雛と評価されるまでは、外見の悪さから、あまり支持されていませんでした。

また、諸葛亮孔明の妻の黄月英も、美しくないことで有名です。

孔明の嫁選び、と故事成語にもなっています。

三国志の世界でも、顔と能力が両方揃うのは、難しいのでしょうか。

ちなみに、三國志のイケメン武将で人気なのは、周瑜と荀彧と陸遜でしょう。

張松は、鳳雛龐統や黄月英と同じくらいの顔のクオリティでした。

⇒陸遜の妻!死因憤死、孫策の娘、石亭の戦い、イケメン呉郡四姓も解説

顔が良くなかった張松の子供張表は優れた外見

三国志の張松は、容貌が悪いとされていますが、息子の張表は立派な見かけと言われています。

張松の妻が、美人な女性だったのでしょうか。

そして張松の兄は、張粛なのですが、張松の劉備招聘を支持していませんでした。

ですので、張粛は弟張松の陰謀を知ると、益州の主君劉璋に、張松の策略を暴露したのです。

張松は、実の兄に裏切られあえない最後となりました。

張松はなぜ、事前に兄張粛に相談していなかったのでしょうか。むしろ裏切りは、張松の方かも・・・

また張松は、兄の信頼すら得られていませんでした。

劉備からも結局は、益州を獲得するための手段、としか見られていなかったのかもしれません。

張松の息子が張表(ちょうひょう)で、兄が張粛(ちょうしゅく)です。

⇒三国志りゅうひょう!劉表劉備関係、蒯越、荊州配下、妻、孫堅も解説

スポンサーリンク

まとめ:三国志の張松永年(ちょうしょうえいねん)の暗記技能と先を見る能力

三國志の張松が、優れた記憶能力を持っているだけでなく、劉備の将来も見抜いていたことも解説しました。

張松がもっと生きていたら、蜀漢が人材難に陥らなかったかもしれません。

そして張松が、孟徳新書により、曹操から恨みを買ったことも書きました。孟徳新書はそれだけ、曹操の思い入れが深かったのでしょう。

また、張松の能力を称賛した楊修も説明しました。楊修も結局は、曹操から処刑されたので、張松と楊修は、似た者同士だったとも言えるでしょう。

他にも、顔が良くなかった張松の子供が、なぜか素晴らしい外見だったことも記載しました。

親の外見は、息子に関係ない事もあるのでしょう。

張松は、早くから劉備に味方したにも関わらず、残念な最後な人物なので、知っておくと何かに役立つかもしれません。

⇒きょうい三国志!鍾会、鄧艾、趙雲一騎打ち、魏延、劉禅、最期も解説

中国史と三国志のカテゴリー

スポンサーリンク

おすすめ中国史商品検索サイト

 

↓中国史大人気関連記事↓

-他の三国志武将