龐統と諸葛亮ライバル!スパイ道号、落鳳坡死因、劉備行軍交換も解説

三国志の天才な軍師として、龐統と諸葛亮は欠かせないでしょう。

龐統には、有名な道号があるのです。あまり龐統を知らない人は、ここから入ると良いでしょう。

そして龐統には、呉と内通していたスパイ疑惑もあるのです。龐統は一般的には、劉備の味方で諸葛亮に匹敵する軍師とされていますが、真相はどうなのでしょうか。

また龐統は、落鳳坡(らくほうは)が死因につながった、と言われています。どうのような経緯で、龐統は落鳳坡で死を引き寄せたのでしょうか。

他にも、龐統と諸葛亮がライバルな点も説明していきます。鬼才にしか競えない、異次元な話なのでしょうか。

三國志の龐統と諸葛亮を詳しく解説していきます!

⇒張良と諸葛亮!世界最強軍師、孔明、太公望、蕭何、韓信、劉備も解説

⇒孫子と三国志!兵法三十六計、名言子孫、諸葛亮孔明、曹操戦術も解説

人気商品
スポンサーリンク
おすすめ中国史商品検索窓口
 

龐統は道号が鳳雛で諸葛亮は臥龍です

三国志の龐統は、これから大人物になるという意味の鳳雛と評価され、諸葛亮は動く前の竜と称されていました。

龐統は、諸葛亮を超える逸材な可能性もあるということでしょう。

龐統を鳳雛、諸葛亮を臥龍と評したのは司馬徽ですが、傅巽(ふそん)は龐統を英雄の半分くらいと評価しました。

龐統は若くして最後となりましたが、傅巽はこのことを予測していたのでしょうか。

そして、龐統が誰かの助けを受けるか、劉備がもっと配慮すれば、完璧な英雄鳳凰になれたのかもしれません。

諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)は臥龍と評され、龐統士元(ほうとうしげん)は鳳雛と言われていましたが、どちらも高い能力でした。

⇒諸葛亮孔明の子孫と現在は?子供たち、逸話、モデル?三国志の裏話

スポンサーリンク

赤壁の戦いの英雄周瑜の棺を呉に運んだ龐統はスパイ?

三国志の龐統は、蜀漢の劉備に味方したのではなく、呉のために劉備陣営に紛れ込んだスパイだったという話もあります。

周瑜は赤壁の戦いの後に、ほどなくして最後を迎えますが、その遺体を呉に持ち帰るという重要な役目を龐統が担っているのです。

龐統が、呉の人々から重用されているのが分かるでしょう。

そして劉備は、龐統が本当は呉のスパイと見抜いていたからなのか、あまり重大な役職を与えませんでした。

すると、呉の幹部魯粛から龐統は、鬼才なので重要な仕事をさせるべきと来たのです。

わざわざ他人の組織に口出しするのは、怪しいと言えるでしょう。

龐統は、周瑜や魯粛から重用されているので、劉備軍にスパイとして潜入していた可能性があるのです。

⇒しゅうゆ三国志!軍師周瑜赤壁の戦い、妻小喬、荊州、ろしゅくも解説

スポンサーリンク

龐統は目的地雒城に辿り着く前の夏の季節に落鳳坡(らくほうは)が死因となりました

三国志の龐統は、益州の張任の守る雒城を攻撃しようとしていましたが、落鳳坡で最期となったのです。

落鳳坡の場所は、四川省徳陽市羅絵区白馬関鎮と言われています。

龐統が亡くなった後に、後世の人が落鳳坡と名付けて、龐統を弔ったのでしょう。

龐統は、これからが楽しみな鳳雛英雄なので、生きていたら・・・と想像したくなるのではないでしょうか。

そして蜀漢では、諸葛亮の元で馬謖や姜維が活躍するのです。龐統と馬謖、姜維と龐統ならもしかして魏を倒すことが・・・

また、キツい言い方で書くと、本物の英雄なら落鳳坡で亡くなることは無い、と述べられるかもしれません。

龐統は、現在の四川省徳陽市にある落鳳坡で、目的地に行く前に暑い季節の中、戦死し最後が来たと言われています。

⇒馬謖登山の理由!斬る意味、なぜ、長安、最期死因、北伐、舜禹も解説

龐統は劉備と馬を交換し不幸をもたらすと言われていた的盧馬に乗りました

三国志の龐統は、劉備の馬が綺麗で際立っていたので、敵に狙われないために、自分の馬と交換したのです。

そもそも的盧馬は、持ち主に不吉が来るとされていました。

劉備は後に軍師龐統を失うので、やはり的盧馬は不吉を呼ぶ馬だったのでしょうか。

ただ、龐統は呉のスパイという説も存在しているので、本当にスパイで劉備に害が来ないために、龐統に最後が訪れた可能性もあるでしょう。

かつて劉備が敵に追い詰められた際に、的盧馬が大きく飛び上がって、劉備が逃げられた話も存在しているからです。

的盧馬が劉備を助けていた場合、呂布と赤兎馬、関羽と赤兎馬のように、非常に相性が良い間柄だったとも言えるでしょう。

龐統は、劉備の的盧馬(てきろば)に乗ることで、不吉が発動し死が訪れたとされているのです。

⇒曹操別れ見逃す関羽!称号、贈り物、赤兎馬、孫権、張遼、劉備も解説

スポンサーリンク

龐統のライバルとも言える天才軍師諸葛亮

三国志の龐統と諸葛亮は、才能を認め合う関係であると同時に、ライバルでもあったのです。

  • 星占いに長けている諸葛亮は劉備と龐統の行軍に警告しました
  • 母に孝を行うため魏に付いた徐庶の後任が諸葛亮と龐統です

劉備から三顧の礼を受けて劉備に仕えた諸葛亮は、やはり別格の軍師と言えます。

対する龐統も天才なのですが、嫉妬深い性格もあり、自分を高く見積もっている部分も有していたのです。

かつて龐統が劉備に初めて会った際に、自分が鳳雛であることを隠していました。

龐統はわざと仕事をさぼり、劉備の部下が怒ったところで本気を出したのです。

やはり、蜀漢の君主劉備が、龐統のご機嫌を取っている節もあるので、龐統は人格的には諸葛亮に勝てないのかもしれません。

諸葛亮と龐統は、劉備に仕えていましたが、龐統は諸葛亮をライバル視している面も見受けられるのです。

⇒劉備と曹操の関係!仲、雷、英雄論、戦い、関羽、呂布、孫権も解説

星占いに長けている諸葛亮は劉備と龐統の行軍に警告しました

三国志の龐統は、諸葛亮から星の運気が悪いと来たにも関わらず、孔明が自分の功績を妬んでいると考えたのです。

龐統が英雄になり切れず鳳雛と呼ばれていたのは、こういうところではないでしょうか。

策士策に溺れるとありますが、龐統は考え過ぎて諸葛亮の助言が見えなかったのでしょう。

結局龐統と劉備は無理に行軍し、龐統は落鳳坡で最期となりました。

ちなみに、後年五丈原の戦いで司馬懿は、大きい星が落ちたことで、諸葛亮の死を見抜いています。

賢者は兆しが出る前に、自然現象で結果を見通すのでしょう。

龐統と劉備は敵を攻略しようとしていたところ、諸葛亮は星占いで忠告しましたが、行軍し軍師龐統が亡くなりました。

⇒曹丕司馬懿!性格どんな人?四友関係、曹操曹真曹爽曹植、最後も解説

母に孝を行うため魏に付いた徐庶の後任が諸葛亮と龐統です

三国志の劉備には、徐庶という軍師がいましたが、曹操の策略で魏に味方することになり、劉備は龐統と諸葛亮を得ました。

そもそも、劉備がなかなか大勢力になれない理由に、大賢者がいないことがあったのです。

まずは徐庶を軍師としたのですが、曹操軍にどんどん勝利しました。

元々劉備には、関羽や張飛や趙雲などの武勇に優れた武将が揃っており、そこに知略が加われば、曹操とて易々とは勝てないからでしょう。

曹操も徐庶の知力を危険視し、徐庶の母親を利用したのです。

ちなみに、諸葛亮や龐統は徐庶以上の賢者なので、劉備は徐庶が軍師のままだったら、蜀漢の初代皇帝になれなかったかもしれません。

徐庶元直(じょしょげんちょく)も参謀として大活躍しましたが、劉備より母を選んだため、後は龐統と諸葛亮が軍師となりました。

⇒徐庶とは?能力、母、劉備、諸葛亮孔明、三国志の隠れた軍師を解説

スポンサーリンク

まとめ:三国志の龐統(ほうとう)と諸葛亮(しょかつりょう)は天才同士のライバル!?

龐統と諸葛亮が、天才的な頭脳で劉備を支え、ライバルな面もあったことを解説してきました。良いライバル関係と言えるでしょう。

龐統が、英雄であるが英雄でない部分を有していたことも説明してきました。やはり、天才諸葛亮が凄過ぎたのでしょうか。

そして龐統が、周瑜と魯粛との関係から、実は呉のために働いていたスパイな可能性も示唆しました。龐統がスパイなら、三国志の世界では誰を信じたらいいのでしょうか・・・

また、諸葛亮の星読みが、龐統の最期を的中させていたことも述べました。龐統が嫉妬するほどの天才が、諸葛亮なのでしょうか。

鳳雛な龐統と臥龍諸葛亮は、もっと長く共闘していたらどうなるのか、とイメージの膨らむ組み合わせでしょう。

⇒三国志そんさく!小覇王孫策、性格、玉璽、兄弟孫権周瑜、曹操も解説

人気商品

スポンサーリンク

おすすめ中国史商品検索窓口

 

↓中国史大人気関連記事↓

中国史史記と三国志のカテゴリー

-蜀漢の武将