曹操別れ見逃す関羽!称号、贈り物、赤兎馬、孫権、張遼、劉備も解説

治世の能臣乱世の奸雄な曹操孟徳と武神な関羽雲長は、浅からぬ縁があるのです。

曹操が関羽の気を引くために、特別な称号と凄い名馬もあげました。関羽は曹操のために、どのような恩返しをしたのでしょうか。

そして、関羽を厚遇した曹操との別れが訪れたのです。三国志の時代ですから、ひと騒動あったのでしょうか。

赤壁の戦いの際に、曹操と関羽は再び相まみえました。曹操への恩を関羽はどう捉えていたのでしょうか。

また、曹操と関羽を述べる上で、呉の主君孫権も忘れてはならないのです。関羽に最後を与えたのは・・・

他にも、関羽と劉備の非常に深い絆も記載しています。劉備は、関羽を忠実な味方と出来るほどのスーパーカリスマが、あったのでしょう。

三国志の曹操と関羽の物語を語っていきます!

⇒文醜!官渡の戦いぶんしゅう、関羽かゆう、顔良、じゅんいくも解説

⇒呂布と赤兎馬!持ち主、関羽三国志、アハルテケ実在、読み方も解説

人気商品
スポンサーリンク
おすすめ中国史商品検索窓口
 

曹操は関羽に漢寿亭候の称号と赤兎馬の贈り物を与えました

曹操孟徳は、関羽を大変重視していたため、特別な称号だけでなく名馬赤兎馬まであげたのです。

赤兎馬は、馬の中の赤兎と呼ばれることもあるほどの名馬なので、他の武将も嫉妬したでしょう。

そもそも、曹操と劉備は敵対しており、劉備軍が敗れたことで、関羽は曹操に降伏していたのです。

漢寿亭候の称号は、曹操への恩に報いるために関羽が敵将を打ち取ったので、与えられました。

ちなみに、関羽は赤兎馬をもらった際に、これで兄の劉備のところにすぐ行けると述べたのです。

曹操が何をしたとしても、劉備との関係に持っていく関羽は、さすがと言えるでしょう。

三国志の曹操は、関羽がお気に入りだったので、称号と名馬を授けました。

⇒曹操のすごさ!どんな人?性格、魅力、曹丕、劉備、名言、死因も解説

スポンサーリンク

主君劉備を見つけた関羽と曹操の別れ

曹操から非常に厚遇された関羽ですが、劉備玄徳を発見したため、別れました。

  • 張遼から関羽の本音を聞いた曹操は関羽の忠義心を称賛しました
  • 関羽の最後と首のパワー

利益で動かない関羽は、やはり忠義の人と言えるでしょう。

曹操という偉大な人物からたくさんの褒美をもらっても、劉備という主君に尽くす関羽だからこそ、曹操も高く評価したのかもしれません。

また、関羽が曹操のために働いていたので、張飛は特に関羽を疑っていたのです。

ですので、張飛に信じてもらうために、曹操側の武将を斬りました。

ここで張飛と関羽がもしも斬り合いになっていた場合、その後の三国志の歴史が大きく変化したでしょう。

関羽は、劉備を見つけた途端、曹操から離れていき、劉備や張飛と合流したのです。

⇒三国志張飛翼徳!能力最強、長坂の戦い、最後、娘、関羽、劉備も解説

張遼から関羽の本音を聞いた曹操は関羽の忠義心を称賛しました

曹操は関羽を高く評価し重んじたのですが、張遼に探らせたところ、曹操への恩には報いるが、やはり劉備の元に戻りたがっていることを聞いたのです。

そこまで関羽を惹き付ける劉備の魅力は、底知れぬものがあるでしょう。

曹操は結局、元の主のところに戻る可能性がある関羽の忠義心を褒めましたが、度量の広い名君と言えます。

そして、張遼も元は敵の武将でしたが、曹操の将軍の中でも名将と呼ばれるほどの活躍をしました。

呉の主君孫権を合肥の戦いで、もう少しで打ち取れるまで肉薄したのです。

敵の中から名将を見出した曹操の人物眼も、評価すべきでしょう。

曹操は張遼から関羽の思いを聞き、優れた人格を褒め称えました。

⇒三国志張遼かっこいい!最強、合肥の戦い孫権、名言逸話、関羽も解説

関羽の最後と首のパワー

三国志の関羽は、呉の作戦にハマってしまい打ち取られ、曹操の元に首が送られてきました。

劉備からの恨みが自分に向かないようにするために、曹操は関羽を手厚く葬り、生前の功績を称賛したのです。

また、曹操も関羽が亡くなってすぐくらいに死去しています。

関羽の無念な霊に取り憑かれ、曹操も連れて行かれたという説があるのです。

関羽クラスになると亡くなった後も、三国志の人々を翻弄したのでしょう。

ちなみに、曹操は関羽の功績を称え、荊王としました。更にその後中国の人々に、神と崇められるようになったのです。

あなたも関羽を敬うと、ご利益があるかも!?

関羽と曹操が再び再会した際、関羽は首とさせられていました。

⇒関羽最後!雲長首、言葉、像、強さ身長、娘妻、張飛死因、曹操も解説

スポンサーリンク

赤壁の戦いで関羽は昔の恩義を忘れられず曹操を見逃しました

曹操は赤壁の戦いで大敗北を喫し、逃亡していたところ、関羽が待ち伏せしていましたが、昔の恩を利用する事で、安全に突破したのです。

曹操のように、有能な武将に恩義を与えておくと、後々使えるかもしれません。

ちなみに、曹操に恩を活用するようにすすめたのは、程昱(ていいく)です。

程昱は、ある地域を統括している人物が自らを招いても仮病で行きませんでしたが、曹操が統括するようになるとすぐに応じたとされています。

狡猾であるだけでなく、本物を見抜く力に長けていたのでしょう。

一口に参謀と言っても、諸葛亮のような誠実な軍師もいれば、程昱のような策略家もいるのです。

曹操は程昱の入れ知恵で、関羽の包囲を突破することに成功しました。

⇒しょかつりょう!天才諸葛亮孔明とは?名言、劉備、龐統、魏延も解説

関羽と曹操と孫権の思惑が複雑に交錯した樊城(はんじょう)の戦い

魏を打倒したい関羽と劉備らを食い止めたい曹操と漁夫の利を狙う孫権が、樊城付近に集結したのです。

劉備陣営の関羽は、樊城付近が水攻めに利用出来ることに着目していましたが、曹操軍の主力の于禁らはあまり備えをしていませんでした。

案の定、川の水が増加し始め樊城あたりが沈没してしまったのです。

関羽は水を巧みに利用し、于禁らを捕らえました。

そして、曹操陣営は非常に動揺したのですが、孫権が関羽統括の領土を欲していることを利用し、関羽を最終的には打ち取らせたのです。

また、かつていにしえの大将軍に韓信がいましたが、水を操って大勝利を得ていました。

樊城あたりで関羽は大戦果を上げましたが、曹操と孫権の策略で、関羽に最後が訪れたのです。

⇒劉邦と韓信!逸話、ことわざ、名言、最強将軍、子孫、妻、最期も解説

スポンサーリンク

曹操孟徳(そうそうもうとく)と関羽雲長(かんううんちょう)の他の話

三国志の曹操と関羽で、他にも把握しておくべき話もしていきます。

関羽の娘には、美人で利発な関銀屏(かんぎんぺい)がいるのです。呉の主君孫権も、息子の嫁にと所望したほどの女性とされています。

関羽は死後に、神のように関帝廟(かんていびょう)に祀られているのです。実は日本にも、関帝廟が存在しています。

そして、関羽には名言?として五虎大将軍就任の際に、黄忠を老武将と侮った発言があるのです。

ただ、関羽と黄忠が一騎打ちをした際に、弓で打ち取られそうになりました。

関羽は神な自尊心を持っているので、人を侮りたくなるのでしょうか。

ちなみに、関羽は2メートルくらいの身長です。身長だけでも敵を圧倒する強さが出せたのでしょう。

関羽と曹操について、知っておくとお得な内容だったのではないでしょうか。

⇒三国志黄忠とは?定軍山の戦い、最期、強さ、厳顔、夏侯淵、弓も解説

劉備に深く忠誠を誓った関羽と羨ましがる曹操

関羽が劉備に心の底から仕えており、曹操は関羽を獲得出来なかったことを口惜しがっていました。

劉備と関羽は、桃園の誓い以来、深くつながっていたのでしょう。

そして、関羽は曹操からの厚恩に報いるため、敵の実力者の将軍を2人も斬り落としたのですが、劉備に危難を呼び込みました。

劉備は時代の流れで袁紹の軍に参加していたのですが、関羽に討たれた将軍は袁紹の武将だったのです。

劉備は何とか誤魔化して事なきを得ました。

劉備は、仁義で高潔な人物として描かれることが多いですが、処世術も心得ていたのです。

誠実さだけで失敗したことがある人は、ちょっとした策略を身に付けると、劉備のように世渡り上手になれるかもしれません。

曹操は関羽を部下としたかったのですが、関羽と劉備の結び付きは想像以上でした。

⇒三国志劉備玄徳の性格!魅力的な人柄、カリスマ性、エピソードの話

スポンサーリンク

まとめ:曹操と関羽の深い関係性

人材収集家曹操は、関羽も手に入れようとしたことを解説してきました。曹操でも仕えさせられない関羽とは、その時点でかなりの大物でしょう。

曹操と関羽の別れは、劉備と曹操の対立の激化にもつながったのです。劉備と曹操の両陣営は、どうしても相容れない中だったのでしょう。

有名な赤壁の戦いでの曹操と関羽のドラマも語りました。恩義に厚い関羽の株が上がる話とも言えます。

孫権は狡猾な策士で、関羽を手玉に取ったことも記載しました。乱世で勝つのは、恩義や忠義ではないのでしょうか・・・

曹操と関羽、一見真逆に見えるふたりには、深い関係があったのです、あなたの人間関係の参考にもなるでしょう!

⇒関羽の子孫!現在、息子、皆殺し、関平、関興、娘、張飛、趙雲も解説

人気商品

スポンサーリンク

おすすめ中国史商品検索窓口

 

↓中国史大人気関連記事↓

中国史史記と三国志のカテゴリー

-蜀漢の武将