鳳雛三国志!落鳳坡最後、意味、龐統生きていたら、スパイ劉備も解説

龐統は鳳雛と称されており、鳳雛とは鳳凰の雛の意味です。

龐統は、司馬徽から鳳雛と評されていましたが、諸葛亮は臥龍と言われていました。どのような意味の違いがあるのでしょうか。

そして鳳雛龐統は、魯粛と親しかったので、劉備をスパイしていたという噂もあるのです。龐統がスパイだった場合、本当に悪い結果しかないのでしょうか。

また鳳雛が、落鳳坡であえない最期を迎えたことも、説明していきます。鳳凰の雛が、どのようにして最後となったかは、必見ではないでしょうか。

他にも、鳳雛龐統のイケメンでなかった話も、述べていきます。龐統と並び評された荀彧は、イケメンで有名なのです。

三國志の鳳雛を詳しく解説していきます!

⇒美周郎!意味、周瑜イケメン、諸葛亮てのひら、曹仁最強、死因も解説

⇒始皇帝と劉備!水銀陵墓死因、妻寵姫、子孫日本、本名えいせいも解説

人気商品
スポンサーリンク
おすすめ中国史商品検索窓口
 

水鏡司馬徽から鳳雛と称され将来を期待されていた龐統

三国志の龐統は、人物評に長けていた司馬徽から鳳雛、と言われていました。

鳳雛とは、鳳凰の雛ですから、龐統の未来が明るいという意味なのかもしれません。

そして、劉備の軍師で三顧の礼で有名な諸葛亮は、臥龍や伏竜と称されていました。

諸葛亮は時を待たずして、力を発揮出来るという意味でしょう。

また、諸葛亮の兄諸葛瑾は、虎と評価されていました。諸葛兄弟は、強大共に優秀だったのです。

ちなみに、司馬懿は狼顧の相と言わていたので、仲達は狼とも述べられるでしょう。

龐統は、水鏡司馬徽徳操(しばきとくそう)から鳳雛と評価された、大器晩成型の英雄であり、完成なヒーローの臥龍諸葛亮と対を成していました。

⇒三国志しばき!司馬徽水鏡、両者を得れば、三顧の礼、よいぞも解説

仁義に拘る劉備に益州劉璋に高い地位を与えれば良いと説得した鳳雛龐統

三国志の鳳雛龐統は、主君劉備が劉璋を攻めることをためらっていたため、劉璋に褒美をあげれば仁義に背かない、と主張しました。

龐統は、諸葛亮と異なり奇策を重視しており、劉璋が劉備に警戒していなかったので、今の内に劉璋を確保すべきと献策したのです。

しかし劉備は、入蜀の際と同じく仁義を理由に、龐統の策を採用しませんでした。

龐統は、劉備の益州獲得の際に、落鳳坡で最後が来るのですが、劉備が鳳雛の進言をあまり聞かないことが、不吉な前兆と言えるかもしれません。

劉備は、仁義と漢帝室再興を標榜していたため、劉璋を攻めたくなかったのですが、軍師鳳雛龐統の発言で益州攻撃を得心しました。

⇒劉しょう!益州りゅうえん、蜀劉備、劉瑁劉表、配下、厳顔張松も解説

スポンサーリンク

孫権の軍師魯粛から大仕事に適任な人材と評価されていた鳳雛龐統のスパイ説

三国志の鳳雛が、劉備からそれなりの役目しか与えられていなかったので、魯粛は龐統の才能を惜しんだのです。

龐統は、不完全な有能さである鳳雛なので、大きい業務という制約もあったのでしょうか。

そして、魯粛が劉備に鳳雛の件で助言したのは、龐統が呉のスパイを務めていたからという説もあります。

なぜなら龐統は、赤壁の戦いの呉の英雄周瑜が最後を迎えた際に、その遺骸を呉に届ける大役を行っているためです。

魯粛子敬(ろしゅくしけい)は鳳雛の才能を高く評価していたので、劉備玄徳(りゅうびげんとく)に龐統に大仕事を与えるべきと述べましたが、鳳雛龐統にはスパイ疑惑も存在していました。

⇒赤壁の戦いとは!あらすじわかりやすく、周瑜勝因、疫病、孔明も解説

軍師鳳雛龐統の中策で劉璋の部下を出し抜いた劉備

三国志の鳳雛龐統は、主君劉備が益州を獲得するための中策を、進言したのです。

龐統は上策として、益州の重要拠点成都を一気に獲得する策を、提示してもいました。

この上策であれば、後に鳳雛龐統に落鳳坡で、最期が来なかった可能性はあるでしょう。

ともあれ劉備は、益州で拠点を確保し、宴を行い楽しんでいたのです。

しかし龐統は、劉備が油断していると感じ、諫言しました。

そもそも龐統も、人物評に長けていたため、他の人では感じない劉備の弱点に、気付いていたのでしょうか。

龐統は、劉備に中策の献策を行い、まさに鳳雛(ほうすう)な活躍を見せましたが、浮かれる劉備と対照的に冷静だったのです。

⇒伏竜鳳雛三国志!臥龍違い、意味由来、孔明龐統、四字熟語故事も解説

スポンサーリンク

益州劉璋の部下の名将張任に落鳳坡で最後を与えられた鳳雛龐統

三国志の鳳雛龐統は、主君劉備に順調に益州攻めを行わせていましたが、張任からの猛攻が死因となりました。

龐統は、劉備に遠慮して危険度の高い進軍を行ったのです。

しかも鳳雛は、劉備の名馬を借りてしまっていました。

張任軍は、龐統を劉備と誤解し、大量の弓矢を浴びせ、鳳雛に最期を送ったのです。

劉璋軍は、劉備の腹心を討つ戦果を獲得しましたが、同時に劉備の恨みも勝ってしまいました。

鳳雛龐統の死は、劉備に悲しみをもたらしましたが、益州を必ず得ようとする劉備の強い決意にも、繋がったのではないでしょうか。

劉備は、鳳雛龐統が劉備の名馬に乗り、危険な方の道を選んでくれたおかげで、落鳳坡で最後にならずに済みました。

⇒劉邦三国志!りゅうほう最後、三傑家臣、劉備比較、呂雉、項羽も解説

スポンサーリンク

鳳雛龐統が生きていたら蜀獲得後に魯粛を活用して孫権の呉を確保出来たかもしれません

三国志の鳳雛龐統は、劉備の益州攻めで3つの策を提示出来るほど知略に優れており、呉ともスパイ疑惑が挙がるほど深い関係がありました。

ですので、劉備が大勢力になってくると、龐統の策で、魏ではなく呉を獲得した可能性も考えられるのです。

呉の孫権の部下の魯粛は、龐統に大事業を預けるべきと語ったほど鳳雛を高く買っていました。

また魯粛は、人の良さでも知られていたため、龐統が上手く魯粛を味方とし間接的に孫権を操ることで、呉を戦わずに手中に収める可能性もあるのではないでしょうか。

龐統が生きていたら、劉備の益州獲得が史実よりもスムーズに行われ、鳳雛を高評価していた魯粛経由で孫権も味方とし、呉も間接的に領有出来たでしょう。

⇒孫権と孫尚香!兄、最後死因、実在、評価、劉備三国志、弓腰姫も解説

龐統はイケメン荀彧と同じくらいの賢者でしたが見かけで呉の孫権から軽んじられたと伝わっています

三国志の鳳雛龐統は、曹操の我が子房張良な荀彧と知略面では、匹敵していましたが、イケメンさでは遠く及ばなかったのです。

禰衡は、一般的に有能とされているような人材でも、欠点を見つけ批判する人物だったのですが、荀彧の見かけは評価していました。

皆を非難する禰衡ですら、荀彧のイケメンには、ケチを付けられなかったのでしょう。

そして、龐統と共に生きていたらと嘆かれることが多い、定軍山の戦いの名軍師法正も、曹操の有能な部下に匹敵すると言われています。

龐統鳳雛は、曹操の腹心の軍師荀彧クラスの知力を有していましたが、荀彧文若(じゅんいくぶんじゃく)と勝負出来ないレベルのイケメンさだったのです。

⇒龐統と諸葛亮ライバル!スパイ道号、落鳳坡死因、劉備行軍交換も解説

スポンサーリンク

まとめ:三国志鳳雛龐統士元(ほうとうしげん)と落鳳坡最後と生きていたら

三國志の龐統は、鳳雛だったために、諸葛亮ほどの伝説を残せなかったことを解説してきました。

龐統が常に、諸葛亮と一緒に行動していた場合、落鳳坡で生存した可能性もあるでしょう。

そして鳳雛龐統が、劉備が益州を獲得する際に、様々な策を示したことも説明してきました。

劉備がもしも、龐統の述べる通り行っていた場合、中国再統一が早まったかもしれません。

また、龐統鳳雛が生きていたら、呉が早期に得られた可能性も示唆しました。

劉備は、義兄弟関羽と張飛を失った後、夷陵の戦いで呉に敗れるため、龐統が生きていたら、いろいろな想像が膨らむと言えます。

鳳雛に落鳳坡で最後が来ず、龐統が生きていたら、呉のスパイ説が存在していたことがむしろ、良い意味になる逸材でしょう。

⇒ほうとう三国志!龐統能力、評価、最後、鬼才、名言、生きていたら

人気商品

スポンサーリンク

おすすめ中国史商品検索窓口

 

↓中国史大人気関連記事↓

中国史史記と三国志のカテゴリー

-蜀漢の武将